【赤ワイン】エヴォディア ティント

スーパーガルナッチャワイン

樹齢40~60年という古樹から造られる「ガルナッチャ(グルナッシュ)100%」(←ブドウ品種の名)のワイン。

ヴィンヤード(ブドウ畑)自体は100年以上前からブドウを植えられているため、至る所に古樹があります。

醸造責任者は、世界屈指のワインメーカー「ジャン マルク ラファージュ」

大学で醸造を学んだ後に、アメリカの「ガロ ワイナリー」、チリの「サンタ カロリーナ」、オーストラリアの「デ ボルトリ」など、世界屈指のワイナリーで醸造経験を積みました。

2009年からパーカーポイント高得点を出すお墨付き。

日本でも某有名漫画にも取上げられ大人気に!

そんなワインがなんと1,440円!!

【赤ワイン】イル プーモ プリミティーヴォ

地元ブドウ農家が造る風土たっぷりワイン

イタリア プーリア州で造られています。
プーリア州は、長靴の形をしたイタリアのかかと部分です。

そこは両側、地中海(アドリア海とイオニア海)に挟まれた土地で、温暖であり風がよく吹く場所。その風に揺られて育つブドウは海からのミネラルをたくさん含むため果実味たっぷりのブドウを育てることができます。

また、温暖であるためブドウの熟成具合も緩やかなため、しっかりと完熟させてから収穫します。

この風土を活かすのはやはり、「誰よりもブドウのことをよく知る農家さん」だからこそできる技です。

当初19人の農家さんから始めたこのワイナリーは今や1,200人にもなります。

「良いワインは良いブドウから」ですね。

価格は1,250円。

【赤ワイン】バリスタ ピノタージュ

その名の通り、「コーヒーワイン」!!

今、大流行中の南アフリカから”コーヒー味のワイン”が届きました。
こちらは南アフリカを代表する赤ワイン品種100%で造られた、正真正銘のワインですが、そのテイストはまさにコーヒーです。

生産者であるベルタス・フォーリーは世界で初めてピノタージュによってコーヒースタイルのワインを生み出し「コーヒーピノタージュの父」と呼ばれています。

そのテイストは、ローストされたフレンチオークから来る香ばしいコーヒー。とてもブドウからできたとは思えません。

コーヒー味だから目が覚めるのか?
やっぱりワインだから眠たくなるのでしょうか?

いつもとは違う味も試してはいかがでしょうか。

価格は1,800円です。

【赤ワイン】ベラノーヴァ モンテプルチャーノ ダブルッツォ

女性醸造家が造る エレガントワイン

プーリア州を代表する生産者協同組合から生まれたワイナリーブランドで、世界70ヶ国へ輸出している。

一般的に南イタリアのワインは男らしいワインが多いのですが、「ベラノーヴァ(女性醸造家)」が造るは、女性らしいエレガントかつモダンな味わい。

香り高く、果実味のある味わいは口当たりもよく、食中に合わせやすい典型的なテーブルワイン

他のイタリアワインのイメージを変える1本と言えます。

価格はなんと1,050円

【赤ワイン】モンカロ チメリオ ロッソ コーネロ リゼルヴァ

高品質お手頃プライスDOCG!

イタリアワインの最高格付けの「DOCG」の認証を受けた、マルケ州コーネロエリアの最良畑で造られたワイン。樽熟成12ヶ月、瓶熟成12ヶ月。

DOCGとは、限られた地域、銘柄にのみ与えられたイタリアの品質保証制度で4段階ある内の最高級格付けになります。

イタリアのお墨付きワインということです。

使用される品種はイタリアを代表する品種のひとつでもある「モンテプルチァーノ」を100%。果実味たっぷりに樽香のしっかりとした重みも感じることができる。ミディアムフル~フルボディのコク。

なにより驚くべきはこの価格!

1,800円!!

【赤ワイン】シャトー エマ

ボルドーワインの典型

昨日の投稿に引き続き、本日もボルドーワインのご紹介です。

昨日の「シャトー オー リオ ボルドー ルージュ」は飲みやすく、あまりワインを飲みなれない方向けのワインでした。

本日のワイン「シャトー エマ」はワイン好きも納得させるワイン。
典型的なボルドーワインで、品種はメルロ&カベルネソーヴィニヨン&カベルネフランをアッサンブラージュ(ブレンド)した赤ワインです。

メルロの比率が90%ですので、香り高く、丸みのある味わいに仕上がっています。

ワインに少し慣れてきた方は、一度試してはいかがでしょうか?

価格は1,500円

【赤ワイン】シャトー オー リオ ボルドー ルージュ

失敗しない格安ボルドーワイン!

ボルドーとは、フランスの南西部に位置するフランスの2大ワイン産地のひとつです。

ボルドーワインは1,000円以下のものもあれば、数十万円するワインもある、とても幅が広く選ぶのが難しいワインです。

※決してワインは「高いから美味しい」訳ではありません。

 

ボルドーはとても有名な産地ですが、正直、美味しくない(口に合わない)ワインも多くありました。

しかし、このワインはとても飲みやすく、ぐいぐい飲みたくなるボルドーワインです。ワインそのままは是非料理に合わせて飲んで欲しい1本です。

渋すぎない、カベルネソーヴィニヨン 100%!
普段飲みなれていない方向けのワインです。

価格は1,400円。

【赤ワイン】レ グランザルブル オーガニック ルージュ

国内・EUのダブルオーガニック認証を受けたビオワイン。

フランス ブルゴーニュでワインの製造・販売に携わっていた二人(ドゥロネー夫妻)が1995年に立ち上げたワイナリー「バデ クレモン」。

まだオーガニックワインが流行っていなかった2001年から、いち早く有機栽培農家と契約し、醸造を開始していました。

有機栽培ブドウから造られるワインは、雑味がなくフレッシュで、凝縮した果実味を表現しています。

化学原料をほとんど使わず、95%以上が自然原料で出来ているため、特に女性に人気のワインです。

価格は1,210円。

【赤ワイン】ロシュバン ブルゴーニュ ピノノワール VV

古木のブルゴーニュ赤!

白ワインで有名なブルゴーニュ マコン地区であえて選んだ赤ワイン。もちろん使用される品種はピノノワールです。

樹齢40年以上のブドウの樹のみを使用したワインだけが、その名をつけることが許される「VV(=ヴィエイユ ヴィーニュ)」を更に成熟させ、使われる樹は45年以上の古木。

古い樹というのはそれだけ地深くに根を張っているため、栄養をしっかりと取ることができます。そのため、若い樹より糖度やミネラルを多く含んだブドウを育てることができます。

そんなブドウからできたロシュバンのワインは、果実味が豊富でジューシーなワインに仕上がっています。

ブルゴーニュの ”VV” で
2,200円!!

一度試してみる価値はあります。

シャトー ラ ネグロ プロデュースの高コスパワイン。

かつてテーブルワインが主流であったラングドックにおいて、高品質なワイン造りで成功を収めたネグリに栽培、醸造、瓶詰めまで指導を受け、高品質かつ低価格なワイン造りを実現。

ワイン造りの指導はラングドックで№1と呼び声の高いエノロジスト、クロード グロとデイディエ ラクローが担当、ジャン ポー ロセが販売・宣伝を担当しています。

テイストは、スミレの花を思わせるチャーミングなアロマの中にかすかにペッパーの要素が感じられます。タンニンはとてもしなやかで丸みがあり、バランスのよい口当たりです。

価格は1,300円。